累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ

オクエゾサイシン

emoticon-0155-flower.gif奥蝦夷細辛(オクエゾサイシン)はウマノスズクサ科カンアオイ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の北部にかけて分布し、山地の湿った林の中などに生える。
根際から心形の葉が2枚生える。
葉には長い柄があり、葉の質は薄い。
葉の先は尖らない。
開花時期は5月から7月である。
根際から短い花の柄を出し、丸い筒形の花を横向きにつけます。
花の色は暗い紅紫色である。
雄しべは12本,雌しべは6本、柱頭は2つに裂ける。
「細辛」というのは中国名で、葉や茎が辛いことからつけられた名です。
近縁種の薄葉細辛(ウスバサイシン)と似る。 

オクエゾサイシン ウマノスズクサ科
2015・0517 青森県

a0040021_15123751.jpg
a0040021_1512434.jpg

++いつも見て頂きありがと~♪ご感想など一言頂けると嬉しいです☆ヽ(*’∀’*)/☆++


[PR]

by nonohanai2 | 2016-06-09 15:13