累計: 検索エンジン登録 本日: SEO対策 昨日: メール配信   アクセスアップ

ミクニサイシン

056.gifウスバサイシン、トウゴクサイシン、ミクニサイシン、 イズモサイシン、アソサイシン、オクエゾサイシン、クロフネサイシンの7種類があり、それぞれの特徴と生育地域があります。ウスバサイシン、ミクニサイシンは見た目だけで言えば共通点が多く個体差と言えばそれまでといった感じもしないでもなく、難しいです。

ミクニサイシン ウマノスズクサ科
2015・0608 谷川岳 天神平 

a0040021_2154125.jpg
a0040021_21544750.jpg





ウスバサイシン
本州中西部
葉長5~8cmの多年草。葉は2個対生し、卵心形で薄く先は尖る。は茎の2葉柄の間から1個つき、淡汚紅紫色で毛がない。萼筒は扁球形で、萼裂片は3角状広卵形で外に反り返る。

トウゴクサイシン
関東北部、東北一円
草丈10~15の多年草。葉は茎の先に2個対生し、卵心形で長さ5~8cm先は尖り、
基部は深い心形。
花は葉柄の間に1個つき、淡汚紅紫色で径1~1.5㎝。萼筒は円い壺形で
開口部は外径の1/2以上あり、萼裂片は斜上し、先端は鋭尖頭。

ミクニサイシン
関東北部
草丈10~15cmの多年草。葉は卵心形で、長さ5~8cm。先は尖り、
基部は深い心形、表面はややシワ状になり、やや光沢がある。
花(萼筒)は扁球形で淡汚紅紫色~紫褐色、径1~1.5cm。萼裂片は5角形で斜上し、先は尖る。萼筒開口部は外形の半分以下。

イズモサイシン
中国地方
葉は普通は無地、葉質は薄く卵心形で先は尖る、萼筒は扁球形、萼筒部は縦の隆起線がある(情報が少ないのでお分かりの方お教え願います)

アソサイシン
九州阿蘇地方
草丈10~20cmの多年草。葉は心形で、長さ5~8cm。先は尖り、表面に光沢はない。
花(萼筒)は押しつぶしたような椀形、淡紅紫色で径約1cm。萼片は3個、三角形で反り返る。花柄は長く、萼筒の内側には、隆起した筋がる。

オクエゾサイシン
サハリン南部、千島列島、北海道、東北北部
草丈5~15cmの多年草。葉は茎の先に2個つき、卵心形で長さ5~8cm。
ウスバサイシンに似るが、葉先が尖らない。
花は濃紫褐色で、萼筒は扁球形。萼裂片は厚く、広卵形で先が尖らず、平坦で、全体が反り返る。

             
クロフネサイシン
本州西部、四国、九州
草丈8~15cmの多年草。葉は5角状で厚く、長さ4~6cm。
ウスバサイシンに似るが、やや小型で雄蕊6個、花柱3個とウスバサイシンの半分。
花は暗紫褐色で、萼筒は直径約2cmの偏球形、萼の先は3裂し、裂片は三角状卵形で斜開する。雄しべは6個、花柱は3個。
[PR]

by nonohanai2 | 2016-06-15 22:13